PAGETOP

Fukurum website

  • 会員様向けのネットサービス
  • ふくしまからはじめよう。

注目の事業者

話題の福島県産事業者をご紹介します!

  • 天栄米栽培研究会
  • 株式会社会津松本
  • 株式会社鈴木酒造店 長井藏

天栄米栽培研究会

GPR 天栄米

GPR 天栄米

 村の中央部に位置する雄大な羽鳥湖をシンボルとして、豊かな自然が広がる天栄村。この美しい村ではヤーコンや長ネギ、岩瀬キュウリなど多くの農産物が育まれていますが、名実ともに天栄村を代表する特産品がブランド米の「天栄米」です。
 天栄米は、平成19年に地元の農家21名で結成された「天栄米栽培研究会」によって栽培されています。研究会では定期的に勉強会を開き、メンバー同士で情報交換を行っています。互いに知識を共有し合い、意見を出し合うことで、前向きに、より良い栽培に力を注ぐことを目指しています。
 「特別栽培米天栄米」は、農薬と化学肥料を50%低減。有機肥料を使用しています。また「漢方環境農法天栄米」は、完全無農薬、無化学肥料で栽培。生育期間中には漢方資材を使用することにより病気になりにくい健全な稲を育てています。
 大切に愛情を込めて栽培された天栄米の味はもちろん格別。米の美味しさ日本一を選出する国内最大規模の「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」に出品。平成20年に総合部門で金賞に輝いて以来、8年連続金賞を受賞しています。程良い弾力の中にもしっかりとした粒感があり、口の中に甘さが広がる天栄米。今や入手困難になってしまう程の人気となりました。
 美しい水、肥沃な土壌、澄んだ空気、そして生産者の日々の努力と愛情により日本一の美味しさに育てられている天栄米。福島県民の誇るべき味をぜひご賞味ください。
※ 福島県内販売店:うすい百貨店、道の駅季の里天栄、道の駅羽鳥高原の3ヵ所のみ
※ 数に限りがあるため、完売してしまうこともあるのでご了承ください。

お問い合わせ

天栄米栽培研究会
(事務局:天栄村役場産業課農林振興グループ)
福島県岩瀬郡天栄村下松本原畑78
TEL.0248-82-2117

株式会社会津松本

会津桐下駄

会津桐下駄

 会津の「伝統」と「技」を受け継ぎ70年。「株式会社会津松本」では創業以来、桐タンスを作り続けています。優れた品質の桐タンスは、「一生もの」といわれるほど貴重な工芸品です。その技術を生かし、近年では「茶筒」「ティッシュボックス」「米びつ」などさまざまな製品を展開。中でも「下駄」は幅広い年齢層から注目されています。
 「会津桐」は、美しい柾目(年輪)が特徴です。桐の素材が持つ優しさと凛とした姿は見た目にも美しく、履き心地も抜群です。日本古来の古き良き伝統を多くの人々に感じて欲しいという想いから、会津松本ではカスタムメイドの桐下駄を販売しています。台の形と鼻緒の柄の組み合わせは自由。使用する人のスタイルに合わせた桐下駄を作り出すことができます。
 季節や服装を問わず履くことができるオリジナルの会津桐下駄。ライフスタイルに合わせてお気に入りの一足をオーダーメイドしてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

株式会社会津松本
福島県会津若松市慶山1-14-53
TEL.0120-28-3199
URL:http://www.aizu-matsumoto.co.jp/

株式会社鈴木酒造店 長井藏

磐城壽 純米酒

磐城壽 純米酒

 忘れもしない3・11のあの日。当時、双葉郡浪江町で酒蔵を営んでいた鈴木酒造店は、今まで築き上げてきた歴史や文化を一瞬で失ってしまいました。あれから6年。現在は山形県長井市で「磐城壽」「一生幸福」という2つのブランドを掲げ、一歩一歩前進しています。
 鈴木酒造店の鈴木専務は、浪江町当時から人と人との『縁』を大切にしていました。取引業者は首都圏を中心に遠くは九州までと幅広く、仕事を始める際には必ず酒蔵(浪江町)に足を運んでもらっていたそうです。その理由は、浪江町の景色・空気・携わる人々…酒造りに関わる全てを見て、感じてもらうため。酒の味はもちろん、その空気感こそ大切にし、気に入ってくれる業者とのみ取引してきたといいます。そのため、震災後、さまざまな風評被害があっても鈴木酒造店は大きなダメージを受けることなく、多くの人々から応援をうけ、支えられてきました。『縁』を大切にしている鈴木専務だからこそ、業者も消費者も、鈴木酒造店の酒を変わらず愛してくれているのです。
 福島県から山形県へと移った当初は多くの苦労がありました。浪江町と長井市の標高の差や温度・湿度、さらには米の品種も全く異なるため、現在の味に仕上げるには相当の努力と根気が必要です。しかし、多くのファンの声に応えるため「近年ようやく満足する味に近づいてきた」と鈴木専務は語ります。
 離れていても、心はいつでも浪江町にあります。今後は農地復興を目指し、浪江町で実証栽培している米を使った商品を展開していきます。

お問い合わせ

株式会社鈴木酒造店 長井藏
山形県長井市四ツ谷1-2-21[※震災後に移転]
TEL.0238-88-2224
URL:http://www.iw-kotobuki.co.jp/

注目の事業者 一覧を見る