PAGETOP

Fukurum website

  • 会員様向けのネットサービス
  • ふくしまからはじめよう。

注目の事業者

話題の福島県産事業者をご紹介します!

  • 株式会社いわきチョコレート
  • デコ屋敷 彦治民芸
  • 磐梯そば道場

株式会社いわきチョコレート

めひかり塩チョコ

めひかり塩チョコ

 「新スタイル」をキーワードに、「驚き」「喜び」「感動」がつまったお菓子を届けたいという想いから、平成18年に創立した株式会社いわきチョコレート。設立メンバーがフランスのモン・サン=ミシェルでキャラメル入りのいわし型の塩チョコレートに出会い、その美味しさに感銘を受けました。この味を多くの人々に味わってほしい、この感動を自分たちの手で伝えたいという強い気持ちから塩チョコレート作りが始まりました。
 看板商品である「めひかり塩チョコ」は、いわき市の魚であるめひかりをモチーフにしたチョコレートで、一つひとつ完全手作業で製造しています。チョコレートの中には自家製の塩生キャラメルがたっぷり入っており、表面には海塩の再結晶を繰り返して粒を大きくした粗塩を使用しております。ガリッとした大粒の塩の食感、香り高いコクのあるチョコレートの甘み、塩生キャラメルのまろやかさ、この3つがバランス良く口の中に広がる逸品です。
 第25回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞(技術部門)を受賞するなど、さまざまなお菓子コンクールでも認められており、現在は全国へ向けてその自慢の味を発信しています。福島県内のデパート、駅、観光施設、サービスエリアで販売しているほか、オンラインショップも展開しているので、いつでもお気軽にご購入いただけます。塩スイーツのほかにも「紅玉林檎チョコ」や「濃厚チョコラスク」などの商品もあるので、自分へのご褒美や贈り物にぜひご賞味ください。

お問い合わせ

株式会社いわきチョコレート
福島県いわき市小名浜寺廻町16-6
TEL.0246-53-5265
URL:http://www.shiochoco.com

デコ屋敷 彦治民芸

彦治笑福だるま

彦治笑福だるま

 県指定伝統工芸品である三春駒や三春張子を製造・販売している老舗「デコ屋敷 彦治民芸」。縁起物の「彦治笑福だるま」は、九代目当主の橋本彦治氏の顔に似せて作っただるまで、豊かな表情と華やかな色合いからご利益があるといわれています。色は赤、黄、白、金の4種類あり、それぞれ家内安全、金運、無病息災、開運などの願いが込められています。胴回りには好きな文字を入れることができ、色との組み合わせでオリジナルのだるまを作ることができます。
 温かみあふれる手作りだるまで、新年の「福」を迎えましょう。

お問い合わせ

デコ屋敷 彦治民芸
福島県郡山市西田町高柴字舘野80-1
TEL.024-972-2412
URL:http://dekoyashiki-hikojimingei.co.jp/

磐梯そば道場

 全国でも有数のそばの産地として知られる福島県。中でも耶麻郡磐梯町は、昼夜の寒暖の差が大きく、日本名水百選に指定された磐梯西山麓湧水群「龍ヶ沢湧水」を有するなど、そば作りに最適な環境にあります。
 その地で家族3代にわたってそば打ちを継承しているのが「磐梯そば道場」です。昭和63年、先代がそば道場を開き、その後、2代目の徹さん(現・代表)がそば口上やイベント出展を通じて磐梯そばを全国へアピール。現在は、勝昭さんが3代目道場主として伝統技法を受け継いでいます。
 多くの著名人がお忍びで訪れる店だけあり、そばへのこだわりは人一倍。福島県オリジナル品種「会津のかおり」を使用した手打ちそばは、麺が細く、喉越しが良いのが特徴です。地産地消にこだわり、天ぷらで使われる野菜は全て磐梯町産のものを取り入れています。そばつゆは、会津坂下町の高砂屋商店のキンタカサゴ特級しょうゆと国産の鰹節を使用しています。「良い素材を使用しないと、良いそばは打てません。手抜きは一切なしの自慢のそばを、多くの人に味わってほしいです。」と語る3代目の勝昭さん。素材へのこだわりと磐梯町を思う気持ちが、美味しいそばを打つ秘訣です。

お問い合わせ

磐梯そば道場
福島県耶麻郡磐梯町字十王堂2038
TEL.0242-73-3558

注目の事業者 一覧を見る